SEO

SEO対策になるサイトマップの作り方

 

 

サイトマップとは

 

サイト内のリンクをまとめたページのことです。検索エンジンと検索ユーザーにサイトにどのようなページがあるのか分かってもらう役割を持ちます。

ユーザーもサイト内を把握しやすくなる上、内部SEO対策にもなります

 

サイトマップがSEOにいい理由

 

  1. 公開したブログ記事が早くインデックスされます。
  2. 検索エンジンのクローラーの回遊率が上がります。

 

そうすると

あなたのサイトのブログ記事がGoogleなどの検索画面に早く表示されるようになりますし、検索順位にも上がりやすくなります。

 

 

サイトマップには2種類あります。

1.XMLサイトマップ:検索エンジンにサイト内のコンテンツを通知して認識させる

2.HTML サイトマップ:ユーザーにどのようなコンテンツがあるのかを伝えるためや利便性を向上させる

ファイル形式 ユーザビリティ向上 クローラビリティ向上
HTMLサイトマップ

×
XMLサイトマップ

×

 

ユーザビリティ向上とクローラビリティ向上のためにサイトマップは両方作成しましょう。

 

XMLサイトマップ

XMLサイトマップは、検索エンジンにあなたのサイトのページを知らせる役割をします。検索ユーザーがXMLサイトを見ることはあまりありません。

 

XMLサイトマップのメリット

1.検索エンジンが通常のクロール処理では検出できないページを知らせることができる。

2.新しいページの存在をより早くクローラに認知してもらえる。

 

 

XMLサイトマップ の作り方

XMLサイトマップは以下の2つの手順をやりましょう。

  1. プラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってサイトマップを作成
  2. Google Search Consoleにサイトマップを送信する

 

 

プラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってサイトマップを作成

 

Google XML sitemapsのメリット

1.サイトマップが生成されたら自動で検索エンジンに通知する
2.検索エンジンに認識してほしいページを指定できる
3.記述内容はグーグルの推奨する内容に沿っている

 

 

Google XML sitemapsの始め方

  1. プラグインをインストール
  2. 各種設定を行う

 

WordPressのプラグインをインストールしたら、ダッシュボード画面左に「設定」があり、「XML-Sitemap」があるのでクリックします。

 

ここでは以下の4つの設定が重要です

  • 基本設定
  • 表示設定
  • 更新頻度の設定
  • 優先順位の設定

 

 

サイトマップ基本設定

ここでチェックを入れておくと検索エンジンに通知をすることができます。全てにチェックを入れておくことをおすすめします。

最初の2つはブログを新しく公開したり、更新する度に Google と Bing に通知され、早くインデックスされる可能性があります。

「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加 」 にチェックを入れると、サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えることができます。

投稿の優先順位では投稿や更新したページのサイト内での重要度と優先順位を自動的に決めて、検索エンジンに伝える事がますが、「優先順位を自動的に計算しない」を選択して、自動的に優先順位が決められないようにしたほうがオススメです。

 

サイトマップの表示設定

サイトマップに載せる内容を設定します。

以下の4つチェックを入れましょう。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

 

このように設定することでコンテンツに関わる重要なページだけをサイトマップに表示するので、検索エンジン必要のないページには見に行かないようにする事ができます。

このおかげで、クロールの最適化ができるのでSEO対策になります。

 

オプションでサイトマップに掲載したくないカテゴリーと投稿・固定ページも設定できますがが基本的にデフォルトのままでも大丈夫です。

「投稿 (個別記事) を含めない」では投稿・固定ページ一覧で表示されるIDを入力しましょう。

例として14と書いてあるところです。この記事を含めたくない場合は14と入力すれば大丈夫です。

サイトマップの更新頻度の設定

ページの予想される更新頻度を指定して、検索エンジンに知らせることができます。下の図のように設定することをおすすめします。

この設定で、クロールの最適化になるようコンテンツに関わる重要なページの項目に集中されています。これによってサイトの中で重要なページにしっかりクローラーが来るように設定ができます。

 

サイトマップの優先順位の設定

 

サイト内の他の URL と比較して、それぞれの優先順位を決定します。

優先順位は、1.0から 0.1範囲で指定できます。1.0に近いほど重要で、0.1日に近いほど重要ではないという仕様です。

先程の更新頻度の設定の内容と全く同じ項目の重要度で設定がされています。

 

グーグルサーチコンソールにサイトマップを追加する

サーチコンソールはGoogleアカウントがあればログインできます。

サーチコンソールにログインしたら、

 

画面左のサイトマップを選択し、 新しいサイトマップの追加にURLを入力して送信をクリックします。

 送信されたサイトマップのステータスが「成功しました」と出たら完了です。

 これで新しく追加した記事の存在をGoogleが早く認識できるようになります。

 

 

 

 

XMLサイトマップをGoogleに伝える

XMLサイトマップを作成できたら、Google Search Consoleを使い、GoogleにXMLサイトマップを送信します。サイトマップを送信することで、検索エンジンにコンテンツをより早く認知してもらいやすくなります。

Google Search consoleはこちら

  1. メニューからサイトマップを選択
  2. 新しいサイトマップの追加に「sitemap.xml」と入力
  3. 送信を選択
  4. 送信されたサイトマップに「成功しました」と出たら完了

 

 

 

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップは、ユーザーが実際に目にするサイトマップです。サイト内の構造がひと目で分かる、サイトの目次のようなものです。HTMLサイトがあればユーザーはサイトがとても利用しやすくなります。

サイト内のページがカテゴリーごとにリスト形式で表示されるように作成しましょう。

タコブロのサイトマップはこちら

 

HTMLサイトマップの作り方

「PS Auto Sitemap」というプラグインを使用して自動的にHTMLサイトを作成します。

メリットは新規投稿したときもコンテンツが自動で追加されるのでとても便利なところです。

「PS Auto Sitemap」の使い方

  1. インストール
  2. サイトマップのページを用意する
  3. PS Auto Sitemapの設定を行う

 

クローラーもHTMLサイトマップを訪問して、まだクロールしていないページを見つけようとすることがあるのでHTMLサイトマップは用意していたほうが得です。

 

PS auto sitemapインストール

まずはWordPressプラグインで PS Auto Sitemapを検索してインストール、そして有効化しましょう。

  1. サイトマップページの作成
  2. PS Auto Sitemapの設定

 

  1. サイトマップページの作成

サイトマップページの作成をするには固定ページを使います。

まず、ダッシュボードの画面左側で固定ページを選択し、新規追加をクリックしましょう。この時はテキストエディタで投稿する設定にしましょう。

次にタイトルとパーマリンクを入力、コンテンツ入力欄にはPS Auto Sitemapコードを貼り付けます。

次のテキストを利用しましょう。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

入力が完了したら、公開ボタンをクリックして固定ページを公開しましょう。

ページ公開後、ブラウザに表示されるURLの赤枠部分の数字をメモしてください。

URLの赤枠内の数字がIDです。この数字を設定してPS Auto Sitemapは利用することになるのでメモしておきましょう。

 

PS Auto Sitemapの設定

ダッシュボードの左にある設定からPS Auto Sitemapを選択します。

図のように設定をすることをおすすめします。

 

 

設定が完了したら、サイトマップのページをグローバルナビゲーションに表示させて完成です!

-SEO

Copyright© タコブロ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.