Facebook広告

Facebookピクセルのインストールの仕方

Facebookピクセルのインストールの仕方

 

Facebook広告のやり方ーアカウント設定から広告配信まで

前回のFacebook広告アカウントの設定ができたらFacebookピクセルをインストールしましょう!

 

Facebookピクセルとは

ウェブサイトでユーザーが起こしたアクションを計測するツールです。つまりユーザーがウェブサイト内でどのページにアクセスしたか、どれくらいのユーザーがウェブサイトのショッピングページで購入までしてくれたか等がわかるのです!

 

Facebookピクセルでできること

Facebook広告の効果を計測し分析できます。
・ピクセルで計測したデータをもとに配信している広告の最適化を行い、効果的にコンバージョン獲得ができるようになります。
・ピクセルで計測したデータをもとに、ウェブサイトに来てくれたけど購入までしてくれなったユーザーへもう一度広告の配信をするリターゲティング購入してくれた人と似ているユーザーへ広告の配信をする類似オーディエンスなどを設定することができるようになります。

 

つまり、Facebook広告をやるならFacebookピクセルは絶対入れておいたほうが良いです!

インストールの仕方はここページを見ながらやっていけば大丈夫です!

 

注意!

ピクセルが編集ができる自分のウェブサイトのみになります。例えばアマゾンとかいった他社さんのウェブサイトには個人的にインストールすることはできません。

 

 

Facebookピクセルの発行する

Facebookピクセルを発行するまでにFacebookビジネスマネージャーを登録しておきましょう。

登録の仕方は下のリンクで確認しましょう。

参考:Facebook広告のやり方ーアカウント設定から広告配信まで

 

まず、広告マネージャを開き画面左上の「広告マネージャ」を選択し、

出てきたポップアップ画面でイベントマネージャを選択します。

*広告マネージャーを開くと下の画面とは違う表示の場合もあります。その時は「アセット」から「ピクセル」を選べば大丈夫です。

 

 

 

イベントマネージャーを開いたらデータソースを選択し、

Facebookピクセル:ウェブサイトアクティビティをトラッキング内にあるスタートを押します。

 

 

 

 

すると下のような画面が出ますのでピクセル名自分のウェブサイトのURLを入れて、右下の次へを押します。

 

 

 

今回は自分でピクセルの設定をしますので

手動でピクセルコードをウェブサイトに追加を選択します。

 

 

 

1ベースコードをウェブサイトにインストール

の中に出ているピクセルコードをクリックしてコピーします。

 

 

 

 

次にコピーしたコードを自分のウェブサイトのトップページの編集画面で埋め込みます

例えば、私はWordPressを利用していますが、ヘッダーの編集で埋め込みました。(下の画像)

 

入れるピクセルコードの最初には<head>

最後には</head>

を入れてください。

 

 

 

2自動詳細マッチングをオンにする

は今回は飛ばしてもらって大丈夫です。

 

3ベースコードをテスト

でウェブサイトのURLを入れてピクセルが正しくウェブサイトに登録されたか確認を行います。

緑でアクティブになったら大丈夫です。

 

 

 

そしてまイベントマネージャーのデータソースに戻るとピクセルがインストールされたことが分かります!

 

別の方法としてピクセルがインストールがされたかどうか確認するツールがあります。

ピクセルヘルパーを利用すればブラウザ右側で確認することが可能です。

ダウンロードはこちら

Googleブラウザで利用可能です。

下の画面のようにピクセルがインストールされていると✔Page Viewにチェックが入っています。

 

 

 

 

Facebookピクセルでコンバージョンを計測する設定をする

さきほどのはウェブサイトに訪れたユーザーを計測するFacebookピクセルの設定を行いました。

 

ここでは更に踏み込んだコンバージョン計測するための設定をします。

コンバージョンとはウェブサイトでの購入完了のページ(サンクスページ)を指します。

何人のどんなユーザーがFacebook広告を通してウェブサイトで購入までしてくれたかがわかるようになります。(すごーい)

 

設定には二種類あります。

  • 標準イベント
  • カスタムコンバージョン

 

結論から言うと微妙な違いはありますが

どちらを使っても大丈夫です。

ちなみに設定が簡単なのはカスタムコンバージョンです。

 

 

標準イベント

標準イベントコードを先ほど使ったのと同じFacebookピクセルベースコードの中に入れて購入完了ページ(サンクスページ)の編集画面で登録します。

今回は購入を計測する設定ですのでfbq('track', 'Purchase', {value: 0.00, currency: 'USD'});を利用することになります。

埋め込むコードは下のようになります。

 

    1. ウェブサイトの元のコード: Facebookピクセルコードをウェブページの<head>タグと</head>タグの間に貼り付けます。headタグの間にすでに他のコードがある場合には、ピクセルコードをその下に貼り付けます。ただし、</head>よりも上に貼り付けてください。
    2. Facebookピクセルベースコード: Facebookピクセルコードは上の図のようになります。ただし、ピクセルIDは「1234567890」とは異なります。
    3. 標準イベントコード: Facebookピクセルコード内の</script>タグの上に、ページに関連する標準イベントコードを貼り付けます(「カートに追加」のコードなど)。トラッキングするページごとにこれを行う必要があります。

”https://www.facebook.com/business/help/402791146561655?id=1205376682832142 より引用”

 

 

 

標準イベントが登録できると画面のようにPurchase(購入)が表示されます。

ここでは何人の人が購入ページ(サンクスページ)を踏んだかがFacebookピクセルで計測されているのです。(すごーい)

 

 

カスタムコンバージョン

カスタムコンバージョンは計測したいURLを登録するだけでそのページが計測できるようになっています。設定のラクさを考えると標準イベントとはえらいちがいですね。

 

 

まず、イベントマネージャを開き、右側のカスタムコンバージョンを選択し

画面まんなかか右上のカスタムコンバージョンを作成を選択します。

 

 

 

計測したいウェブサイトページのURLを入力して

カスタムコンバージョンの名前を入れましょう。例えば購入完了や申込み完了などです。

そしてカテゴリを選択しましょう

例えば計測したページが購入完了ページ(サンクスページ)であれば購入でオッケーです。

そしたら右下の作成するで完了です!

 

 

 

作成されたカスタムコンバージョンはこんな感じに表示されます。

最初はステータスがまだアクティビティがありませんと出ますが、計測が取れてくるとアクティブに変わります。

 

 

ピクセルの登録と設置は以上です!お疲れさまでした!

 

 

おすすめ記事

あなたの知識や経験をシェアして人の役に立つ副業のアフィリエイト。時給ではなくあなたの書いた記事はいつまでも資産として収入が入ります。

アフィリエイトについてや、やり方について初心者にも優しく、詳しく、丁寧に解説しています。

 

 

-Facebook広告

Copyright© タコブロ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.