Facebook広告

Facebook広告のカスタムオーディエンスを徹底解説

Facebookアカウント登録

広告の作り方、そしてFacebookピクセルのインストールができましたか?

まだの人はここをチェック!

Facebook広告のやり方ーアカウント設定から広告配信まで

 

Facebook広告: カスタムオーディエンスとは

まずFacebook広告配信のする先のターゲットユーザー決める設定には大きく4つの種類があります。

  • コアオーディエンス(ブロード配信、ノンタゲとも言います)
  • 詳細ターゲット設定
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

 

カスタムオーディエンスは今まで接点があったユーザーや顧客にターゲティングすることができる機能です。

 

具体的には、あなたのウェブサイトに訪れたユーザーをFacebookピクセルがデータとして蓄積しているので、そこからFacebookやインスタグラムなどでそれらのユーザーに広告を配信することが出来ます。(リターゲティングと言います)

他にはあなたのFacebookページやインスタグラムアカウントで行動を起こしたユーザーや、あなたが持っている顧客リストのユーザーにもカスタムオーディエンスを作ることで広告の配信ができます。

Facebookピクセル上で計測されたウェブサイト上に来てくれたユーザーを行動履歴から

広告を届けたいユーザーを、Facebook(Instagram)利用者の中から見つけ出す機能です。つまり「顧客データとFacebookのデータを活用したターゲット設定」ということです。
広告主が持つ顧客データ(名前やメールアドレス等のお客様情報)をFacebookにアップロードすると、Facebookはその情報を照合・ハッシュ化します。そこで抽出されたユーザーが、高いパフォーマンスが見込めるユーザーとなります。

 

Facebook広告: カスタムオーディエンスでできること

  • ウェブサイトに来てくれたけど購入まではしてくれなかった人に広告を配信してアプローチをすることができます(リターゲティング)
  • 既にウェブサイトで購入してくれた人にもう一度、同じ商品や違った商品を勧めるために広告を配信できます。(リマーケティング)
  • 自分のFacebookページやInstagramアカウントでアクションを起こしたユーザーや自社の顧客リスト、つまり商品やサービスに興味をもってくれてそうな人たちに広告が配信できます。

 

 

特にFacebookピクセルを使ったリターゲティングやリマーケティングは効果バツグンです!

少なからず一度ウェブサイトに来て商品に興味を持ってくれているので、何度も広告でアプローチをかけてあげるおかげで購入しようと思ってもらえるわけですね!

 

 

 

では早速カスタムオーディエンスを作っていきましょう!

Facebook広告: カスタムオーディエンスの作り方

 

まず画面左上の広告マネージャをクリックします。

 

 

 

出てきたポップアップ画面でオーディエンスを選択します。

 

 

画面左のオーディエンスを作成を選択し、

カスタムオーディエンスを選びます。

 

 

ウェブサイトのユーザーからカスタムオーディエンスを作る

Facebookを利用してウェブサイトで行動を起こしたユーザーにカスタムオーディエンスを作ることができます。

これが一番オススメであり、一番メジャーです。

ウェブサイトに来てくれたけど購入まではしてくれなかったユーザーにもう一度広告を配信してアプローチをかけたりできます。

 

ウェブサイトを選択します。

 

 

 

①オーディエンスにユーザー追加で

自分のインストールしたピクセルを選択し、

ウェブサイトで行動を起こしたユーザーを決定します。

 

  • ウェブサイトにアクセスしたすべてのユーザー・・・とりあえず、ウェブサイトに来てくれたユーザーの全てを対象にしたい
  • 特定のウェブページにアクセスした人・・・ウェブサイト内の特定のウェブページに来た人をURLを設定して決めます。
  • ウェブサイトに滞在した時間別のビジター・・・ウェブサイトに滞在した時間別にユーザーを分けることができます。
  • From your eventsの英語表記・・・ピクセルで登録した標準イベントが計測したユーザーを対象にします。

例)Purchase・・・購入完了まで(サンクスページ)まで来たユーザーを対象にする。

 

過去〇〇日設定は最大180日まで設定が可能です。

例えば30日にした場合、過去30日ウェブサイトに来てくれたユーザーや購入者など対象に絞ることができます。

 

②で後で自分がわかりやすいカスタムオーディエンスの名前を付けましょう。

例)ウェブサイト訪問者 過去30日

 

そして右下のオーディエンス作成で完了です。

 

 

するとオーディエンス一覧で作ったカスタムオーディエンスが表示されます。

 

 

カスタマーリストからカスタムオーディエンスを作る

持っている顧客の電話番号やEメールからカスタムオーディエンスを作成することができます。

例えば、顧客がそのEメールをFacebookなどで登録していればその顧客がFacebookを開いた時に広告が出るようにアプローチがかけられます。

 

 

オーディエンスのなかのカスタムオーディエンス作成を選択します

その中のカスタマーリストを選びましょう。

 

 

ここではリストのテンプレートをダウンロードすることができますのでそれに顧客の電話番号やEメールをいれれば簡単に顧客リストが作れます。

ExcelファイルをCSVデータに変更するのを忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

そして作成した顧客リストのCSVを入れて

オーディエンスに名前を付けて次へを押して進んでいけばカスタマーリストのカスタムオーディエンスが完成です。

 

アプリクティビティからカスタムオーディエンスを作る

 

こちらはアプリを配信している人が利用できるカスタムオーディエンスです。

アプリ内で行動を起こした人を対象に広告を配信することができます。

 

 

①オーディエンスにユーザーを追加

で対象のアプリを選択し

対象のユーザーを以下から選ぶことができます。

  • アプリを開いた人
  • アクティブユーザー
  • 購入が区別のユーザー
  • セグメント別のユーザ

日数は過去最大180日まで設定することができます。

 

②で後で自分がわかりやすいカスタムオーディエンスの名前を付けましょう。

 

 

動画からカスタムオーディエンスを作る

Facebookページや広告上で公開していた動画を見た人からカスタムオーディエンスを作ることができます。

 

 

 

 

ここでは動画をどれくらいまで再生してくれた人を対象にするのかを決めることができます。

日数は過去最大365日まで設定することができます。過去365日内で動画を再生してくれた人を対象にできるわけですね。

②で後で自分がわかりやすいカスタムオーディエンスの名前を付けましょう。

 

 

 

エンゲージメントを決めると次は動画を選択して完了です。

 

 

インスタグラムビジネスプロフィールからカスタムオーディエンスを作る

もしビジネス用のインスタグラムアカウントを持っている場合、アカウント上で行動を起こしたユーザーを対象にカスタムオーディエンスを作ることができます。

*個人アカウントではできません。

 

①オーディエンスにユーザーを追加では以下のユーザーを対象に選択できます。

  • ビジネスでアクションを実行したすべての人(下の条件をすべて含んだのがこれになります)
  • ビジネスプロフィールにアクセスしたすべての人
  • 投稿または広告でアクションを実行した人
  • あなたのビジネスプロフィールにメッセージを送信した人
  • 投稿または広告を保存した人

日数は過去最大365日まで設定することができます。

 

②で後で自分がわかりやすいカスタムオーディエンスの名前を付けましょう。

 

 

 

リード獲得フォームからカスタムオーディエンスを作る

もしFacebook広告でリード獲得広告をまわしていて顧客情報(リード)が取れていれば、そのユーザーを対象にカスタムオーディエンスを作ることができます。

 

 

リード獲得では以下のユーザーを対象に選択できます。

  • このフォームを開いた人 (下の2つを含んだ設定です。)
  • フォームを開いたが、送信しなかった人
  • フォームを開いて、送信した人

日数は過去最大365日まで設定することができます。

 

②で後で自分がわかりやすいカスタムオーディエンスの名前を付けましょう。

 

 

 

イベントからカスタムオーディエンスを作る。

あなたのFacebookページで作ったイベントで反応したユーザーを対象にカスタムオーディエンスを作ることができます。

 

 

①オーディエンスにユーザーを追加では以下のユーザーを対象に選択できます。

  • 参加予定または興味ありと回答した人
  • 参加予定と回答した人
  • 興味ありと回答した人
  • イベントページを見た人
  • アクションを実行した人
  • チケットに対してアクションを実行した人
  • チケットを購入済みの人
  • チケット購入意向があった人

②で後で自分がわかりやすいカスタムオーディエンスの名前を付けましょう。

 

 

インスタントエクスペリエンスからカスタムオーディエンスを作成する。

Facebook広告には広告のデザインを決めるクリエイティブという場所があります。その一つとしてインスタントエイクスペリエンスがあり、そこで行動を起こしたユーザーのカスタムオーディエンスを作ることができます。

 

 

 

①オーディエンスにユーザーを追加では

  • インスタントエイクスペリエンスを開いた人
  • インスタトントエクスペリエンスを開いて、さらにその中のリンクをクリックまでしてくれた人

の二種類からカスタムオーディエンスを作ることができます。

日数は過去最大365日まで設定することができます。

②で後で自分がわかりやすいカスタムオーディエンスの名前を付けましょう。

 

 

Facebookページからカスタムオーディエンスを作る

Facebook広告アカウントを作る時に一緒に作ったFacebookページで行動を起こしたユーザーからカスタムオーディエンスを作ることができます。

 

 

 

①オーディエンスにユーザーを追加では以下のユーザーを対象に選択できます。

  • ページでアクションを実行したすべての人(下のすべてを含んだ設定です。)
  • 投稿または広告でアクションを実行した人
  • コーツトゥアクションボタンをクリックした人
  • ページにメッセージを送信した人
  • ページまたはその投稿を保存した人

 

実際にFacebook広告にカスタムオーディエンスを入れてみよう

 

広告マネージャに戻り、既に作ってあるFacebook広告の広告セットの編集を開いてオーディエンスを見ましょう。

その中にカスタムオーディエンスの四角い枠があります。

ここをクリックします。

 

 

すると今まで作成したカスタムオーディエンスが出てきますので先ほど作ったカスタムオーディエンスを入れれば完成です!

 

 

 

以上が現時点で可能なカスタムオーディエンスの作成方法でした!

目的に合わせてベストなものを使ってみましょう!

冒頭でも紹介しましたが特にオススメなのはFacebookピクセルを利用してウェサイトで行動を起こしたユーザーにアプローチをかけてリターゲティングなどを打ち出す配信方法です!

 

 

-Facebook広告

Copyright© タコブロ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.