Facebook広告

Facebook広告のカタログとは~解説から作り方まで~

 

Facebookカタログとは、FacebookとInstagramで宣伝、販売するアイテムの情報を保持しているコンテナです。ビジネスマネージャー内でカタログをあらかじめ作って置き、それを広告として利用することができます。

一番有名なのはカタログのダイナミック広告で、ユーザーがウェブサイトなどで閲覧や検索したアイテムを広告としてもう一度表示してアプローチができます。

 

カタログを管理するには、カタログマネージャを使用します。

 

カタログにアイテムを追加したら、以下の複数のチャネルに利用できます。

  • Instagramショッピング(商品のみ): Instagramの投稿やストーリーズで商品をタグ付けできるようになります。利用者はタグ付けされた商品をタップして詳しく見ることができます。
  • ダイナミック広告: ユーザーがウェブサイトなどで閲覧や検索したアイテムを広告としてもう一度表示してアプローチができます。そのためにはFacebookピクセルを利用し、ウェブサイトに埋め込んでおく必要があります。
    Facebookピクセルのインストールについてはこちら
  • Facebookページショップ
  • コレクション広告モバイルからだけ見ることが可能な機能で、広告をクリックすると画面全体にウェブサイトのよ展開されるのが特徴です。
    コレクションについてはこちら

 

 

Facebook広告のカタログの作り方

 

まずカタログを作るにはFacebookのビジネスページが必要です。

Facebookのビジネスページをまだ作っていない人はこちらを参考に作りましょう。

 

そして次にビジネスマネージャを開いてカタログをビジネスに割り当てます。

ビジネスマネージャをまだ作っていない人はこちらを参考に作りましょう。

 

カタログマネージャでカタログを作成する

カタログを作成するには:

facebook.com/productsカタログマネージャにアクセスします。

または以下でもカタログマネージャにアクセスすることは可能です。

広告マネージャの上部のメニューを開き、[アセット] > [カタログ]からカタログマネージャにアクセス。

ビジネスマネージャから[ビジネス設定]の[データソース] > [カタログ]にアクセス。

 

カタログマネージャを開いたら

右上の[カタログを作成]を選択します

 

 

あなたのビジネスに最も当てはまるカテゴリを選択してください。あるので適切なものを選びましょう。

Eコマースを選ばれる人が多いと思います。

 

 

[Eコマース](商品)を選択した場合、どのようにアイテムをカタログに追加するか次の2つから選択します。

  • [商品情報をアップロードする]・・・自分でアイテムを追加する場合。
  • [Eコマースプラットフォームとリンクする]・・・Shopifyなどを既に持っていて商品をFacebookカタログにインポートしたい場合に選択します。

カタログを持つビジネスマネージャアカウントまたは個人アカウントを選択できますが、ビジネスアカウントを選択するとInstagramショッピングなど、より多くのチャネルにカタログを利用できるのでオススメです。

 

 

今回は[商品情報をアップロードする]方法で進めていきます。

 

 

[Eコマースプラットフォームとリンクする]画面

 

 

[商品情報をアップロードする]画面

カタログの所有者を選択し、カタログに名前をつけましょう。

 

 

 

次の画面では利用方法が選択できるので今回は一番オーソドックスなダイナミック広告で進めていきます。

 

 

 

まずは下の商品に対するアクションのトラッキングを設定を設定します。右側のリンクしてトラッキングを開始を選択しましょう。

 

 

あらかじめインストールしてあるピクセルの右側のリンクをクリックし、スイッチを入れましょう。

保存をして完了で、先ほどの画面に戻ったら次は商品を追加を選択しましょう。

 

 

商品をカタログに追加では3種類の追加方法があります。

一番簡単でオーソドックスなのは手動で追加です。こちらで今回も進めていきます。

 

 

 

商品の画像を選択し、商品名を入れましょう。
Descriptionでは商品の説明を入れます。

商品の詳細をチェックして購入することができるウェブサイトページのリンクを入力し、価格を日本円に設定して、価格を設定しましょう。

最後に商品を追加で完了です。

 

追って右下の他の商品を追加で他の商品を同じように追加していくことができます。

 

完了を押すとカタログマネージャの商品画面に移り、画面のように追加商品情報が表示されます。

これでカタログの準備が整いました。

 

 

カタログキャンペーンを作成する

実際にカタログを使用して広告をまわしてみましょう。

広告マネージャに戻り、作成ボタンを選択します。

 

 

マーケティングの目的ではカタログ販売を選択します。

 

 

 

画面スクロールダウンすると設定画面に移ります。

カタログのところで先ほど作ったカタログを選択します。

 

設定を進めていくと

広告セットの設定画面では商品セットを選択することになるのでこちらも選択したカタログの中の商品セットを選びましょう。

また次のオーディエンスでは左側の ”Retarget ads to people who interacted with your products on and off Facebook.”を選びましょう。

ここではウェブサイトに来た人、カートまで商品を入れてそのままの人などに広告をアプローチできる設定になります。(いわゆるリターゲティングです。)

*右側のFind prospective customers even if they haven`t interacted with your business.は通常のコアオーディエンス、詳細ターゲット設定、類似オーディエンス設定ができる仕様が選択できるようになっています。

類似オーディエンスについてはこちら

 

 

 

その下の設定ではどんなユーザーをターゲットにするか選ぶことができます。

一番オススメなのはトップにある閲覧またはカートに追加したが購入しなかった設定です。

日数も合わせて設定しましょう。初期設定は14日です。

 

 

進めていくと広告の設定に移ります。

形式ではダイナミックフォーマットとクリエイティブにチェックを入れておきましょう。広告を見た人が反応する可能性が最も高いフォーマット、メディアで配信がされます。

その下のクリエイティブでは先ほど選択したカタログが既に選ばれています。カバーメディアはユーザーの関心に合った商品を自動的に表示するダイナミック動画を選択することをオススメします。

その下ではカタログを作った際にリンクしたピクセルが選択されているはずなのでそのままにして、広告のメインテキストを入れ、[もっと見る]のURLにランディングページ先のURLを入れて、右下の実行でカタログ広告が出稿されます!

-Facebook広告

Copyright© タコブロ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.